「地球の歩き方の旅」オリジナル海外ボランティア・国内ボランティアツアー
お問い合わせ・ご相談
  • プログラムを探す
  • 旅コラム&旅情報
プログラムを探す
旅コラム&旅情報
お問い合わせ・ご相談
旅コラム&旅情報
2017.08.04

ワクワクが止まらない!いま探検したいタイの穴場スポット6選

Pocket

バンコクとプーケットはもう飽きた!そんなタイ好きに今行ってほしいタイの穴場スポット6選を、タイ国政府観光庁がお勧めする12県「タイ12の秘宝」よりピックアップ。これから定番化していくであろう、まだ日本人の少ない観光スポットをいち早くご紹介します。
ワクワクが止まらない!いま探検したいタイの穴場スポット6選

当選確率2倍!航空券プレゼントキャンペーンのボーナス対象地域です。

thaiticketcampaign_topこれからご紹介する6県は、航空券プレゼントキャンペーンのボーナス対象地域。この地域を既に訪れたことがあるコアなタイ好きは是非、その写真をご応募ください!キャンペーンの詳細はこちら

バンコク郊外に穴場あり!水上マーケットと”折りたたみ”市場が楽しいサムットソンクラーム

近年youtubeやテレビ番組で取り上げられ、じわじわと知名度が上がっているサムットソンクラーム県。何と言っても見どころは線路の上にある「メークローン市場」と「ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞」を受賞している「アムパワーの水上マーケット」!バンコクからパッケージツアーで訪れるのが便利。いつものバンコク旅行から少し足を伸ばしてみてはいかが?

メークローン市場

線路の上に広がる市場。廃線かと思いきや、国鉄が走る現役バリバリの路線!遠くで警笛が響けば手際よく脇へと市場が折りたたまれます。電車が通過すれば何事もなかったかのように市場が出現。観光客が興奮する傍ら、淡々と市場の営業を再開する地元民との温度差もまた面白い!
メークローン市場

アムパワーの水上マーケット

運河が道路のように使われていた古い時代のバンコクの趣を伝える「アムパワーの水上マーケット」。運河沿いにはショップが連なり、多くの食堂船が運河に浮かびます。夕方出発するボートツアーは周辺の運河を周ります。運がよければ木に集まった無数のホタルが観れるかも!2008年には「ユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞」を受賞しています。
Amphawa Floating Market thailand

こんなに象と触れ合えるなんて!象と言えばランパーン

国立の象保護施設「Thai Elephant Conservation Center」

ランパーンはチェンマイの隣に位置するタイ北部の県。ランパーンとチェンマイを結ぶ幹線道路の途中に、象の専門医院が隣接する国立のタイ象保護センターがあります。
象に餌やり
ここでは象使い学校に体験入学することができ、象に乗ることができるだけでなく、物を拾ってもらったり、座ってもらったりと象にお願いをする時の掛け声も教えてもらえるんです!
象とトレッキング
象乗り体験はタイ各地でできますが、象使いを体験できるのはこの施設だけ。チェンマイに旅行するなら、少し足を伸ばして立ち寄りたいスポットのひとつです。
象の水浴びを一緒に体験!

ACLで遠征するなら「サッカー+古代遺跡」のブリーラムに決まり!

レスターシティとジュビロ磐田と深い繋がりが!ブリーラム・ユナイテッドFC

Jリーグの推しチームがブリーラム・ユナイテッドと試合をするなら遠征の準備を!タイ東北部、イサーン地方にあるブリーラム県にはタイサッカーリーグの強豪「ブリーラム・ユナイテッドFC」の本拠地があり、タイで類を見ない世界クラスのスタジアムをホームに構えています。
サンダーキャッスルスタジアム
実はこのチーム、オーナーの繋がりでイギリスのレスター・シティFCと、ヤマハをスポンサーに持つ繋がりで日本のジュビロ磐田と交友があります。スタジアム建設やプロモーション方法、チーム運営などのノウハウをこの両チームから学んだそうです。タイでのワールドカップ開催を目標に、20代~30代中心のクラブ経営陣は積極的に新しいことにチャレンジし、タイサッカー界の常識を革新し続けています。
三田―キャッスルスタジアムのピッチ
ちなみに、クラブチームのオーナーはブリーラム県出身。タイの中でも貧しい県のひとつだったブリーラムをスポーツ観光都市にすべく、自費でサッカースタジアムとサーキットを建設。サッカースタジアムの裏にチャーン・インターナショナル・サーキットがあり、オートバイ世界最高峰のレース「MotoGP」2018年の開催地となっています。
chang-international-circuit

遠征試合が終わったら遺跡観光へ!世界遺産登録前に観たいパノルムン歴史公園

ブリーラムの都心から120km南下すると、死火山の山頂に位置する「パノルムン遺跡」があります。最も保存状態が良い、12世紀に建設されたタイ最大のクメール遺跡です。お隣のナコーンラーチャシーマー県にあるピマーイ歴史公園と合わせて、パノムルン歴史公園は世界遺産への登録を目指し、暫定リストに掲載中。世界遺産に登録される前の今が観やすいかも?!
Phanom-Rung

奇祭ピー・タ・コンと、のどかな小都市チェーンカーン。激しさと静けさを併せ持つ県、ルーイはいかが?

ピー・タ・コーン

毎年6月頃、3日間にわたって行われるピー・タ・コン・フェスティバルの見どころは、2日目の盛大なパレード。極彩色のお面と衣装を身につけた人々が通りを練り歩きます。夕方にはお手製のロケットが打ち上げられ、盛り上がりは最高潮に!
ピータコンフェスティバル

チェンカーン

ラオスを対岸にのぞむのどかな町、チェンカーン。タイのイサーン(東北地方)とラオスの文化が融合した古い木造の家屋が並びます。この静かで、温かみのある独自の雰囲気が人気で、川沿いのゲストハウスに長期滞在するバックパッカーが多いです。
chiang-khan-old-town-thailand

まだ手付かずの自然が残る秘島!トラート県のチャーン島

カンボジアの国境近くにあるトラート県。南にはリゾートマニアたちが注目している「チャーン島」があります。
koh-chang-thailand
西側のビーチは観光地の装いで賑やかですが、東側や山間部は開発途上。手つかずの自然が残る秘島の雰囲気が味わえます。
trat-thailand

まるで気分はイッテQ?!滝と洞窟と天然温泉のラーチャブリー県

バンコクから西におよそ100km、ミャンマーの国境沿いにあるラーチャブリー県。バンコク発のバスで2時間程度の場所にあります。ラーチャブリー県と言えば「9つの滝」、「鍾乳石が立派な洞窟」、そして「天然温泉」!「世界の果てまでイッテQ」の探検隊と温泉同好会を1つの県で体験できちゃいます。

9つの滝

「9つの滝」ことKhao Jones。14段の滝で構成されていますが、観光客は9段目までしか立ち入ることができないため、「9つの滝」と呼ばれています。
Khao-Chon-Waterfall-Ratchaburi

カオビン洞窟

美しいラーチャブリー県の鍾乳洞、カオビン洞窟。高い天井から美しい鍾乳石が伸びており、徒歩でぐるっと1周するには10分かかるほど広い洞窟です。
カオビーン洞窟

ボークルン温泉

ラーチャブリー県のスワンプン群は「タイのスイス」として知られている山間のエリア。そこには56度の天然温泉が湧いており、岩に囲まれた露天風呂やプールのようなお風呂があります。

ラーチャブリー県の温泉

BO KHLUENG HOT STREAM (Tourism Authority of Thailand)
https://www.tourismthailand.org/Attraction/Bo-Khlueng-Hot-Stream–992

ラーチャブリー県の岩場温泉

BO KHLUENG HOT STREAM (Tourism Authority of Thailand)
https://www.tourismthailand.org/Attraction/Bo-Khlueng-Hot-Stream–992

タイの秘めたる名所たち。先取するなら今しかない!

今回ご紹介した6つの県は、タイ国政府観光庁が売り出し中の注目スポットたち。すでに一部のガイドブックでは取り上げられるようになってきています。タイ旅の定番になる前の姿は今しか味わえません。探検好きは是非、今のうちに旅しておきましょう!
icon_arrow_gray一味違うタイ旅行へ!地球の歩き方「タイの歩き方」


チェンマイ+ランパーン象使い体験+アムパワー水上マーケット+バンコク?!欲張り過ぎなボランティア・プログラム

experience_thumb_search「タイ 象の保護センター支援と象使い体験7日間」では、定番のチェンマイとバンコクだけでなく、今回ご紹介したランパーンとサムットソンクラームも訪れます!このプログラムの趣旨はゾウの保護センターでボランティア活動をすること。しっかりとボランティア活動に従事しつつ、気になるタイの注目スポットをしっかりと押さえた、タイ通でも大満足なプログラムになっています。icon_arrow_gray最新の出発日をチェック!

プログラムを探す
旅コラム&旅情報

海外ボランティア・海外インターンシップの動画はこちら