「地球の歩き方の旅」オリジナル海外ボランティア・国内ボランティアツアー
お問い合わせ・ご相談
  • プログラムを探す
  • 旅コラム&旅情報
プログラムを探す
旅コラム&旅情報
お問い合わせ・ご相談
旅コラム&旅情報
2017.02.02

企画担当者に聞く!「現地にとって為になること」へのこだわり

Pocket

ピースインツアーのプログラムは「現地にとってためになること」を一番に考えて企画・運営しています。

study-highschool18株式会社ピース・イン・ツアー
担当:小林さん

到着後の初日は「交流準備日」としています

カンボジアに到着後、すぐに小学校や施設に訪問をするのではなく、カンボジア到着の次の日をまるまる「交流準備日」として設定しています。なぜかというと、この活動をより良いものとしていただきたいという企画者側の想いがあるからです。準備日には活動を造り上げていくために皆様一団となって活動内容を考案したり、施設・学校に行った際の当日の役割分担など、交流のための準備を行います。

歴史背景の理解

また、なぜカンボジアで皆様が活動を行うのかといった歴史も学んでいただきます。実際に異国に行き交流体験をすること自体は難しい事ではありません。しかし、それが現地のためにならないものだと、意味がないと考えます。ただの自己満足になってしまうこともあります。

現地のニーズを理解し、目的意識を持つことを大切にしています

企画側の意見として、皆様の活動が現地にとってよいものとなるよう、事前の準備は大事なものであると考えています。現地が何を欲しているのか、なぜ皆様に活動をしてもらうのかを、しっかりと理解したうえで、活動に参加して頂きたいと思っています。

IMG_0546

プログラムを探す
旅コラム&旅情報

海外ボランティア・海外インターンシップの動画はこちら