「地球の歩き方の旅」オリジナル海外ボランティア・国内ボランティアツアー
お問い合わせ・ご相談
  • プログラムを探す
  • 旅コラム&旅情報
プログラムを探す
旅コラム&旅情報
お問い合わせ・ご相談
プログラムを探す
2017.09.13

ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティア4・6日間 【2017秋冬】 

Pocket

ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティアトップ

『政府や援助機関の関係者から「支援する側がうれしくなるような、支援のされ方をしている」と評されるブータン。その背景には、仏教的な価値観を背景とした、感謝の心を大事にする精神や、「打てば響く」勤勉さ、環境と伝統文化を守ろうという意識の高さがある。』(JICAホームページより)そんなブータンで、過去のJICAの活動の歩みをたどり、現在の活動を手伝います!

お申込/お問い合わせはこちら

この活動のポイント

  • アジアの秘境ブータンでのボランティア活動。2大都市ティンプー、パロの観光も充実。
  • JICAボランティアの活動現場を見学し、現地スタッフからお話しを聞くことが出来ます。
  • 国際交流のチャンスも。ブータンの農家にホームステイ。「幸せの国」ブータンの暮らしを体感。
  • ホストファミリーの子供たちは英語が話せます。英会話の練習になります。

出発日・旅行代金

出発日 旅行代金
【東京・大阪発着】
2017年10月5日(木)・10月12日(木)・10月26日(木)
・11月9日(木)・11月16日(木)・11月30日(木)
【東京発着】 266,000円
【大阪発着】 271,000円
※1名催行
【東京・大阪発着】12月7日(木)・12月14日(木) 【東京発着】 246,000円
【大阪発着】 251,000円
※1名催行
【東京・大阪発着】12月21日(木) 【東京発着】 251,000円
【大阪発着】 256,000円
※1名催行
出発日(現地発着プラン) 旅行代金(現地発着プラン)
【現地発着】
10月6日(金)・10月13日(金)・10月27日(金)
・11月10日(金)・11月17日(金)・12月1日(金)
【現地発着】 216,000円
※1名催行
【現地発着】12月8日(金)・12月15日(金) 【現地発着】 196,000円
※1名催行
【現地発着】12月22日(金) 【現地発着】 201,000円
※1名催行
coupon-pairお友達同士、親子参加など、2名様以上のお申込でお一人様5,000円引き

※現地発着の方の集合は2日目(1日目)のバンコク国際空港、解散は5日目(4日目)の同空港となります。
※現地発着の場合、バンコク⇔パロ間の航空券は料金に含まれています。
※バンコクの空港では往復とも6時間~10時間の乗継待ち時間が生じる場合がございます。ご希望のお客様へはトランジットホテルの手配を承ります。(料金別途)
※地方発着を希望される方はお問い合わせ下さい。
※燃油サーチャージが別途必要になります。目安額:12,000円(2017年8月10日現在目安)
※現地空港諸税、日本の空港施設使用料などは、旅行代金に含まれておりません。
※1人部屋追加代金:12,000円
※上記旅行代金は2名以上で催行した場合の学生料金となります。25歳以上、又は社会人の方は30,000円の追加代金にて承ります。

Previous Image
Next Image

スケジュール

日程 宿泊
1日目 東京又は大阪発(17:25予定)空路、バンコクへ
バンコク(21:55予定)着後、各自にて乗継。
(機内泊)
2(1)日目 ※現地発着は、乗り継ぎのバンコク国際空港よりツアーに参加。
バンコク発(04:30-6:30予定)空路、パロへ
パロ(8:10-09:55予定)
着後、現地係員がお出迎え。
午前 : 海外技術協力事業団(現JICA)の農業専門家としてブータンに派遣された西岡京治氏の軌跡をたどります。西岡メモリアル・チョルテンや展示室を見学します。
午後 : 西岡氏の尽力で設立された農業機械センター又はJICAボランティアスタッフの指導で運営された食品加工場等を見学
日本が提供した農業機械、耕運機、トラクター等の使用方法や食品加工の指導を受けた現地の方からJICAの活動内容についてお話を聞きます。
※現地の受け入れ事情により、訪問箇所が異なる場合がございます。また日本人スタッフが不在の場合は現地スタッフからの説明になります。
午後 : パロ市内観光。(名刹ドゥンツェラカン、国立博物館、パロの街散策など)
夕刻 : ホテルへご案内
(パロ泊)
【昼】【夕】
3(2)日目 終日 : パロ近郊の農村で農業ボランティア体験。家畜の世話、放牧、搾乳、米・野菜の収穫などを手伝います。(作業内容は季節によって異なります。)
夕刻 : 農村の民家へ。ブータンの家庭料理を味わい、石焼風呂に入ります。
※ホームステイでは英語教育を受けている子どもたちと英会話のチャンスも!
(パロの民家泊/ホームステイ)
【朝】【昼】【夕】
4(3)日目 午前:引き続き、パロ近郊の農村で農業ボランティア体験。家畜の世話、放牧、搾乳、米・野菜の収穫などを手伝います。
午後:専用車にてティンプーへ移動し、ティンプー市内観光。メモリアル・チョルテン、クエンセル・ポダン大仏、伝統技芸院、週末野菜市場などを見学します。
夕刻:ブータンの民族衣装を着て、タシチョ・ゾン(ブータンの政治と宗教を司る、国の中央政庁)を見学します。
(ティンプー泊)
【朝】【昼】【夕】
5(4)日目 午前:ティンプー市内観光(民俗博物館、名刹デチェンポダン、珍しい切手が並ぶ中央郵便局など)
昼食後、係員が空港へご案内。
パロ発(16:05予定):空路、バンコクへ
バンコク着(21:20-21:50予定)
※現地発着は、乗り継ぎのバンコク国際空港にてツアーから離団。
バンコク発(23:50予定)
(機内泊)
【朝】【昼】
6日目 東京又は大阪着(08:10予定)

※上記日程は現地事情などにより変更になる場合があります。
※滞在日数に記載している()の数字は現地発着プランの日数になります。

  • 利用予定航空会社:全日空、タイ国際航空
  • 利用予定ホテル:ティンプー:ティンプー:プンツォ・ペルリ、ペリン、リバー・ビュー、ピースフル、ホテル89、ワンチュク、ドルジ・エレメンツ パロ:オラタン、ガンテ・パレス、タイガー・ネスト・リゾート、ジグメリン、カンク・リゾート、タシ・ナムゲイ・リゾート ※その他同等クラス
  • 旅行代金に含まれるもの:●往復航空運賃/全行程宿泊代(2~3名利用)●日程に明記された移動費用並びに観光費用●現地係員代金(日本語ガイド)/日程に記載された食事代金(朝食3回・昼食4回・夕食3回)
  • 最少催行人員:1名 ※添乗員は同行しませんが、現地日本語係員がお世話します。
  • 協力:JICA
  • 旅行企画・実施:株式会社ワールドビュウ

参加者体験談

参加者の写真icon_arrow_gray「言葉の壁を越えた交流ができたことは私の心の財産となりました。(社会人)」
icon_arrow_grayもっと体験談を読む!

ブータンにおける西岡京治さんの活動実績

日本からの支援物をブータンで発見。ブータン農業の父、ダショー西岡さんをブータンで知らない人はいないといわれています。西岡京治さんは1964年、海外技術協力事業団(現JICA)の農業専門家としてブータンに派遣されました。2年の任期が終了してからも現地に留まり、農法の指導だけにとどまらず、食生活の改善、架橋による流通の促進、地域開発にまで及ぶ支援を続けてきました。1980年、西岡さんはその貢献を高く評価され、現在の国王の父であるジグミ・シンゲ・ワンチュク第4代国王から「最高に優れた人」という意味の名誉称号「ダショー」を、外国人として初めて贈られました。1992年、西岡さんが現地で亡くなった際には、農業大臣を葬儀委員長として国葬が執り行われ、ブータン全土から多くの人々が集まり、その死を悼みました。
bhutan-jica11

■参加者の方に、参加証明書をお渡しします(希望者のみ)
→旅行条件書はこちら

お申込み・お問合わせはこちら

■ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティア4・6日間

お申込みはこちら
お問合わせはこちら

■ブータン 国際支援の現場視察と農業ボランティア4・6日間
お電話でのお問い合わせ・空席照会は
「地球の歩き方」の旅 ワールドビュウ

TEL:03-3230-3242 
営業時間 平日 9:00~18:00/  土曜日 9:00~15:00 (日曜・祝祭日は定休日)

プログラムを探す
旅コラム&旅情報

海外ボランティア・海外インターンシップの動画はこちら